このページについて

概要:このページは、各種の計量ソフトの使い方を記述したページへのゲートページです。

親ページ:このページの親ページはEconWikiです。

目次

計量ソフトの比較表

価格は、教育機関向けのもので、大雑把な目安です。それぞれ優れている点、劣っている点があります。SUGIYAMA Shunsukeは、時系列分析はR、質的分析はLimdepの二本が中心です。

名称種別 価格  良い点駄目な点
Rプログラミング言語無料進化スピードが異常に早い・スタンダードなレベルなら組み込み関数はほとんど網羅されてる・その気になればなんでも出来る・高機能なのに無料操作に慣れるのが大変・ITに明るくないときつい ・新しく導入された組み込み関数が正しいかどうか分からない・無料だからサポートは無い ・for文を使ったループの計算スピードが遅い
Matlabプログラミング言語20万くらい?ベイズ分析が出来る・工学的アプローチに強い・その気になればなんでも出来る・Rよりグラフィックが綺麗・計算スピードが速い操作に慣れるのが大変・ITに明るくないときつい
Limdep計量ソフト15万~20万くらい制限付従属変数(質的変数)に強い(そのために開発された), 有名なGreeneが開発したのでなんとなく安心時系列に弱い
Stata計量ソフト10万くらいミクロデータ(個人データ)の扱いに強い時系列に弱い
TSP計量ソフト5万くらい  お手軽に使える・使える人が多いあまりハードな計量はできない
Eviews計量ソフト5万~10万(学生版は5千~1万円)くらいお手軽に使えるあまりハードな計量はできない
Oxプログラミング言語無料ベイズ分析が出来る・軽い・計算スピードが速い ・高機能なのに無料割りとマイナー・インターフェイスがしょぼい
Gaussプログラミング言語7万~10万くらい計算スピードが速い
  • 私が一番使えるのは、Rです。Matlabは軽くいじったことがあります。TSPとEviewsはだいたい使えます。Oxは触ったことすら一回しかありません。Gaussに至っては、まったくつかったことがありません。これから使う機会が増えそう(上達しそう)なのは、LimdepかStataです。というわけで、自分が使っているソフトの良い点、悪い点、書いてくださると参考になります。 -- SUGIYAMA Shunsuke? 2006-08-18 (金) 12:40:04
  • Using R to teach econometrics, Journal of Applied Econometricsこんな論文を発見しました.

それぞれの計量ソフトの解説ページへ飛ぶ

Reference

参考書籍

特になし。

リンク

特になし。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-27 (日) 17:18:09 (1429d)