Wikiって何?という人のために

Wikiは、誰でも更新できるホームページのことです。HTML言語の知識がなくても、簡単なルールに従うことで、簡単に更新できます。

「"HTML言語"って何?そんなもん聞いたこともないぞ」と思った人でも、簡単にWikiを使えるようになります。いや、本当に簡単です。その気になれば、このページを読み終わる3分後に、あなたはいま見ているこのページをすべて消去することだって出来るようになります(やめてくださいね、念のため)。

Wikiには幾つかの種類があります。このウェブページでは、PukiWikiという種類を使っています。

しかしそんなことはどうでもいいです(じゃあ書くなよって?)

管理人じゃない人も、ページを勝手に書き換えられるのがWikiです。だから、悪意ある荒らしに遭う可能性もあります。Wikiってそういうものです。ただし、常にバックアップを取っているし、勝手に更新されないようにすることが管理人は出来ます。

それでは、とりあえず、画面の左上のほうに「編集」という文字があるのが見えますか?ここを押すと、いまあなたが見ているページを編集することが出来ます。いまもし「編集」を押すと、「Wikiって何?という人のために」というページの編集画面に飛びます。

でも、勝手にこのページは編集しないでくださいね。

実際の練習用に、

というページを用意しておきました。こちらで編集の練習をしてください。恥ずかしがらずどんどん練習してください。

まず、

*見出し

など、*のあとに何か見出しを書くと、見出しを作ることができます。

**見出し

と、*を二つにすると、見出しが、第二レベルの見出しになりますね。

同様に、

***見出し

と、*を三つにすると、見出しが第三レベルの見出しになりますね。

それから

-項目

とやると、箇条書きにすることができます。

--項目

と-を2つにすると、箇条書きを第二レベルにできます。

同様に、

---項目

と-を三つにすると、箇条書きを第三レベルにできます。

+項目

とやると、番号付の箇条書きになります。

つぎに、リンクについて説明します。たとえば、Googleという文字列をクリックすると、Googleに飛ぶようなリンクをつくりたい場合、

[[Google:http://www.google.co.jp/]]

とやればよいです。単純ですね。すごく単純。

これくらいわかれば、とりあえず自分が書きたいことが書けるんじゃないでしょうか?というわけで、

で実際に遊んでみてください。いくらでもあそんでけっこうです。

以上がWikiの基本です。ほかにも文字の大きさ、文字の色、数式の書き方などなど、「これ、どうやったらできるんだろう?」というような疑問は、以下を見てみてください。

PukiWikiの詳しい解説書

SUGIYAMA Shunsukeが入れたプラグイン

Texっぽく数式を表現できます。

例えば、

a math image

とか。まぁ基本的にTexが使えるなら、

#mimetex()

とやってカッコの中にTexのコマンドそのまま打てばいいです。文章中に数式を織り交ぜたいならば、

&mimetex();

とやればよいです。例えば、a math imageとか、文章中に数式を入れることができます(ソースを見てください)。

a math image

とか。

TeXについてはめんどくさいので説明しません。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-27 (日) 18:21:33 (1306d)