|このページについて|
このページでは、統計学や確率論についての面白い話を集めます。
|目次|
#contents
----

*ウィル・ロジャーズ現象とシンプソンの逆説 [#l13dbaca]

名前の由来は、アメリカのコメディアンのウィル・ロジャーズが言った「大恐慌のとき、オクラホマ州の住民がカリフォルニアに移動して、平均知能はどちらの州も上がった」というジョークのようである。全体でも見ると、もちろん平均知能は上がっていないが、二つの州を別々に見ると平均知能が上がっている。

これが統計学用語に置き換えて考えると、「サンプル全体では変化していないが、サブサンプルに分割してみると、全てのサブサンプルで同じ変化がおきている」ということが起こりうる、という点が面白い。

RIGHT:[[『確率と統計のパラドックス―生と死のサイコロ 』[pp.34]:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4791761642/249-2920262-1890737?v=glance&n=465392&tagActionCode=goodpic-22]]




*Reference [#zd91a35e]
**参考書籍 [#a71de8ce]
特になし
**リンク [#d064baf3]
-[[松原望の永久総合案内サイト:http://www5.ocn.ne.jp/~qmss/]]
-[[統計学に関する話(青木先生):http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/Hanasi/Hanasi.html]]


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS