このページについて

概要:このページでは、いろいろな統計データを取得する方法について解説します。

親ページ:このページの親ページはデータベースのナビです。

目次

日経NEEDSを利用する

慶應義塾の場合、以下のURL(塾内ネットワークからのみアクセス可能)。

基本的に、ここで検索すれば大半の経済データはCSVファイルとして落とすことができる。

(注意)すごく大きいデータをDLする場合は、「日経NEEDS財務データ検索システム」(一括ダウンロードするためのソフトウェア)が、慶應義塾、三田、大学院棟パソコン室に入っているので、これを活用すると便利かも。

日経NEEDSの説明については、慶應義塾の三田メディアセンターの+ Database NAVI + 日経NEEDSを参照。

あるいは、SFCメディアセンターの株式・為替情報の利用方法を参照。

EconStatsを利用する

世界のマーケットデータが落とせるらしい。

bloombergを利用する

日本の株価データ。最近1年分くらいしかなかった気がする。

RIETIデータベースを利用する

St.LouisFedを利用する

アメリカのデータはほとんど落とせるらしい。

日経新聞を利用する

野口悠紀雄Onlineを参考にする

SFC Media Centerを参考にする

官庁のホームページを利用する

日銀を利用する

内閣府を利用する

厚生労働省を利用する

総務省統計局を利用する

財務省を利用する

Reference

参考書籍

  • aaa
  • aaa
  • aaa

リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-27 (日) 18:07:26 (1506d)